Cultura Italiana Arezzo
perchè noi?

アレッツォ紹介

アレッツォは、トスカーナで最も美しい都市の1つです。その起源はエトルリア時代にまで遡り、ローマ時代を経て現代へと続いています。街中には未だに当時の遺跡や工芸品を目にする事が出来ます。例えば、ローマ人が建造した円形闘技場は素晴らしいです。街の中心部の多くは、中世時代の街並が未だにそのままの雰囲気を残しています。13 世紀に築かれた城壁の部分は今も堅固に聳え立ち、 16 世紀に築かれた印象的なメディチ要塞の一部を成しています。.

芸術ー建築美と絵画
 グランデ広場は、イタリア中でも最もユニークな広場の1つで、都市活動の中心でもあります。美術館と教会には、無数のフレスコ画、絵画、彫刻とステンド グラスの傑作があります。聖フランチェスコ教会にはピエロ・デッラ・フランチェスカの最高傑作「聖十字架伝説」があります。そして、聖ドメーニコ教会にはチマブーエ作の非常に有名なキリスト磔刑像があります。大聖堂は、数多くあるイタリア・ゴシック建築で最も素晴らしい例の1つです。


1533年にアレッツォで発見されたキメラ像(ライオンの頭と山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持つ)は、紀元前400年前に遡る青銅製のエトルリア時代の像です。当時のアレッツォの支配者であるトスカーナ大公(コジモ 1世)は銅像を直ぐにフィレンツェに持っていってしまいました。今日ではフィレンツェで見る事が出来ます。この銅像は初期エトルリアの美術工芸で最も素晴らしい例の1つです。アレッツォには2つの複製があります。1つは駅の近くの噴水に位置し、そして、もう1つはロレンティーノ門にて見られます。キメラ像はアレッツォの起源から切り離す事は出来ない重要な存在で、現在もアレッツォのシンボルです。

フェスティバルと骨董市

サラセン人・馬上槍突き祭り
6月と9月にサラセン人・馬上槍突き祭り(サラセン人との戦いを基にしたお祭り)が催されアレッツォは素晴らしい中世時代の雰囲気に包まれます。街を4区に分け、各区から2人の騎馬選手を選出し、サラセン人を模した人形が持つボードを長い槍で突きます。ボードは5つに仕切られ突く場所によって点数が違います。点数が高い場所は非常に突くのは難しいです。最高点を獲得した地区が優勝し、黄金の槍を手にします。
 お祭りの前週は、街全体が熱狂の渦に包まれます。前夜祭が催され、千人以上の出席者の特別な夕食やパレードと式典が行われます。競技の後、優勝地区では盛大な祝勝会が行われ、勝利の美酒を味わいます。

骨董市
毎月の最初の日曜日に、イタリアで最も重要な骨董市(アンティーク・フェア)が開かれます。100以上もの店舗には、家具からシャンデリア、手編みのレース、音楽関係品、髪を洗うためのシンクに至まで考えられる全てを販売しています。.

音楽祭
アレッツォは音楽の表記法(楽譜)の発明者グイード・モナコの出生地です。9月初旬、彼の名誉で毎年、国際クラッシック・インターナショナル合唱祭を開催します。現代音楽の為にはアレッツォ・プレイ・アート音楽祭があります。

土曜日市(マーケット)
毎週土曜日の朝に、アレッツォの人々は市場へ買い物に行きます。市場はジョット大通りの道の両側に500メートルの長さで開かれています。そこには、キッチン・アイテム、煙突掃除用品、電子機器、靴、おもちゃ、衣類、下着、ジューシーな豚の丸焼き、新鮮なパスタ、花、果物、野菜など、あらゆるものがあります。他の小さな市場は、土曜日以外に街のどこかで開かれています。

料理
アレッツォ郷土料理は、風景と同じくらいの変化に富みます。それは南部のヴァル・ディ・キアーナの大いなる自然の恵があるからです。果物、穀物、コーン、そして世界で有名なキアニーナ牛の厚切りステーキ(フィレンツェ風ステーキ)です。

アレッツォのライフスタイル
アレッツォの街は大き過ぎもせずも、小さ過ぎも無いのでとても住み易いです。市民の生活習慣は長い時間を経た伝統的なのもです。昼食時間のために事務所やお店は閉まります。毎週の市場と中世時代祭りを大切にしています。あなたは毎週、毎週末に何かワクワクする行事やイベントに出会う事でしょう。

アレッツォは「大都市」ではないので、ホテルやレストランは高価でありません。都市には約10万人の人口で、人々は非常に生き生きしています。映画館、充実した本屋、百貨店、多数のカフェと、もちろん本場のイタリアンアイ スクリームを味わう事が出来るジェラート屋が多数あります。

他の観光地の様に観光客は足早に急いで街中を歩き回る事は無く、ゆったりとしています。地元の人々は非常に親しみやすくて、歓迎してくれます。

ロケーション
アレッツォはトスカーナの他の素晴らしい場所に近いです。車、電車またはバスで簡単に他の場所にアクセスできます。
フィレンツェから1時間未満、シエナから1時間以上、コルトーナから30分、モンテプルチャーノとモンタルチーノからは1時間です。カステリョン・フィオレンティーノとポッピからは20分。ローマへはフレッチャ・ロッサ(超特急)で70分です。ウンブリア州のペルージャとアッシジへは電車で、約2時間掛かります。沢山の素晴らしい都市が近郊にあるので、イタリアの財宝を旅する旅行計画を練るのはとても簡単です。

Centro Servizi Turistici

"Una vetrina per Arezzo e le sue vallate"
www.arezzoturismo.it

Cultura Italiana Arezzo
                                       

This school provides a wonderful way to learn some Italian, combining classroom learning with cultural activities. When its over you will want to continue learning. That's the mark of a good school.

Geoffrey    (  USA)