Cultura Italiana Arezzo
perchè noi?

学校紹介

クルトゥーラ・イタリアーナ・アレッツォ言語学校
本校はイタリア言語と文化の促進活動をしている教育センターでもあります。学習コースを1、2、3、4週、又はより長い期間の学習コースを学生の要望に応じて設定します。 新しい学習コースは毎週月曜日の朝に始まります。学生の言語レベルに基づいて
クラスは構成されます。学生の要望によりクラスを変更する事も出来ます。
講師は、イタリア語を外国語として教える経験に富んだプロです。

学校は、毎週(約10時間)豊富な課外活動を提供します。内容はアレッツォ市巡り、近郊の街巡り:コルトーナ、カステッリョン・フィオレンティーノ、アンギァーリ、サンセポルクロ、ポッピ、ルチニャーノなど多数の魅力的な街を訪れます。地元の職人工房訪問、料理教室、ワインテイスティング等です。そこでは年齢や国籍の違いなど問題ではなく、国際交流の場がイタリア語を通じて自然と生まれます。
 世界中からの学生の平均は、ヨーロッパ・65%、アメリカ・16%、アジア・14%、カナダとオーストラリア・5%です。 年齢は、20〜70歳と様々です。

殆どの学生は、1クラス6~12人(より少数の場合もあります)の集中講義コースを選択します。講師と学生が一対一の授業の個人レッスンコースは、最良の学習形体です。多くの学生は自宅(自国の)での学習において、Skypeに登録してイタリア語学習をします。卒業生に復習レッスンを特別な価格で提供します。
 学校には学生用にWi-Fiアクセスのインターネット・ステーション・ルームがあり、
参考資料を検索・閲覧する事が出来、小さなグループで勉強も出来ます。

学校はアレッツォ市の中心に位置しているので、周りには様々なお店、カフェやレストランが沢山集まっています。街は、文化的学習や調査をするには理想的な大きさです。アレッツォは、フィレンツェ、シエナ、コルトーナと並んでトスカーナで最も美しい町の1つです。しかも、活気がありつつ決して騒がしくはありません。物価も安いです。あなたは、心からあなたとイタリア語を話すのを嬉しく思う人々に会えるでしょう。

a滞在方法はどうしますか?  学生はアパートや、生きたイタリア語を学ぶ機会に溢れたホームスティか、学校が提携しているB&B, 又はホテルへの宿泊手配サービスを受けられます。



最後に、本校はアレッツォ市とアレッツォ州から認定されています。

本校はイタリア文化の促進を目的とする留学生に学修コースを提供する大学と私立学校からなる Eduitalia 協会のメンバーで、イタリア外務省の後援を受けています。

そして、第二外国語としてのイタリア語指導の品質を保証し、学生に対してプロのセービスを提供するASILS のメンバーです。

最後に、本校はアレッツォ市とアレッツォ州から認定されています。

教授方法
クルトゥーラ・イタリアーナ・アレッツォ言語学校は、教育と育成を同時に並行して実施して
います。教育指導方針は最新教育の探求と更新です。
 
 それは以下の2つの重要要素から成り立っています:
 威信のある認定試験 DITALS(外国人の為のイタリア語)の受験用意。各学習グループ全体
に対して規則的で理にかなった方法で、最新の教授法の実施です。
 古く硬い慣例に従った伝統的で枠組みに縛られた教育法ではなく、コミュニケーション能力を
高める学習法です。

指導内容
 コミュニケーションとは全ての言葉が持つ複雑さ、文章内容、語彙、会話内容、実用性、社会
文化です。統語論形態において、文法上の “ 規則 ” は 未だに重要な立場ですが、指導の最重要基
礎を担うものでは無くなっており、現在は言語構成の規則性と非規則性の発見を促す、言語学的
省察が重要視されています。
 学生は様々な種類のタイプの文章(インタビュー形式文、ブログ、漫画、ラジオ放送、テレビ放
送、等々)で学習します。なので教室に居ながら “ 世界 ” の全てのタイプの言葉に触れ、多種多様
な文章を習得できます。この方法によって学生は自立し、より早く、より優れた独自の学習法を確
立できます。

 この学習方法をグローバルと私たちは好んで呼びます。信頼できる使用教科書は 
ドマーニ 1巻、2巻、3巻 アルマ出版社。著者:カルロ・グアスタッラ、チーロ・マッシモ・
ナッデオ。難易レベルは、入門・初級・中級です。
 そしてヌオーボ・マガーリ B2、C1/C2 。著者:カルロ・グアスタッラ、チーロ・マッシモ・
ナッデオ、アレッサンドロ・デ・ジューリ。 難易レベルは、準上級・上級・最上級です。 
 これらの教科書は学生を多数面において活発かつ精力的に引きつけ、学習に没頭させ、学生は
学習内容を深く把握できます。宿題は趣向に富み、多様な状況に基づき信憑性があります。文章は
現実的で不自然でなく、学校外で実際に使用されているものです。  

入学試験と面接
学生の言語学力、又、どのような学習内容の必要性があるか、そして学生の要求に一番適した学習グループに組み込むかを判断するために、入学筆記試験としてヨーロッパ言語共通参照枠試験を実施します。この試験の基本的な考えは言語学の学習とは、難易度や内容よる、厳格に仕分けされたものだけではなく常に継続的に行う勉学である事です。 
 そして必要不可欠な面接をします。学習をする前に学生と話す事で、学生の言語レベル(入門、初級、中級 準上級 上級 最上級)を判断出来、目的・要求に応じ(多人数クラス、少人数グループ、個人授業)等のどのクラスが最適なのかをも判断出来ます。


承認とパートナーシップ
本校はイタリア文化の促進を目的とする留学生に学修コースを提供する大学と私立学校からなる Eduitalia 協会のメンバーで、イタリア外務省の後援を受けています。

そして、第二外国語としてのイタリア語指導の品質を保証し、学生に対してプロのセービスを提供するASILSのメンバーです。

本校は以下のドイツの各州より BILDUNGSURLAUBの承認を受けています。  
- ベルリン
- ブランデンブルグ
- ハンブルグ
- ヘッセン
- メックレンブルグ・フォルポッメル
- ニーデルザクセン
- ザーランド

本校はさらに CSN (Swedish National Board of Student Aid) にも承認されています。

希望コースの

  全授業料
  各コースの特徴
  週数/時間数
  合計

                                       

This is my fourth time at the school and I find no reason to go elsewhere. The small classes are lively and challenging yet relaxed and it's very easy to get around in Arezzo. I recommend both the school and the town highly

David Frasz - 72 years old    (  usa)